メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大阪・南港ポートタウン

40年 老いる環境モデルの街 象徴「ノーカーゾーン」緩和

南港ポートタウンの車両用ゲート=大阪市住之江区南港中で、椋田佳代撮影(画像の一部を加工しています)

 環境モデル都市として、大阪市住之江区の人工島・咲洲に整備された南港ポートタウンが今月で入居開始から40年を迎え、変化を迫られている。車の走行を制限する全国でも珍しい「ノーカーゾーン」を設けていたが、住民の高齢化を受けて昨年から車の規制を緩和した。家庭ごみは地下パイプで高速輸送する先進的な仕組みも導入したが、市は老朽化などを理由に現行システムを2019年3月末に終える方針だ。【椋田佳代】

この記事は有料記事です。

残り1016文字(全文1211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです