メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長評論

周南 甘かった /山口

 周南市で昨年7月、県立高校2年の男子生徒(当時17歳)が自殺しました。遺族が「いじめが原因なのでは」と訴え、県教委の第三者委員会が昨年8月から調査を開始しました。それから1年3カ月。第三者委は今月21日、記者会見で調査報告書の概要を発表しました。遺族は調査が尽くされていないと県知事に再調査を要請する意向です。

 我が子を亡くした親たちは「どうして助けてやれなかったのだろう」と悲嘆にくれます。そして「我が子に何があったのか、事実を知りたい」と望みます。学校でいじめや指導の行き過ぎがあったのなら、子どもたちが同じ苦しみを抱くことがないように生徒や先生、学校に教育委員会に変わってほしいと願います。それが我が子の死を無駄にしないことだ、と。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文774文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです