メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

IS、シナイ拠点化模索 有力部族標的か

 【カイロ篠田航一】エジプト東部シナイ半島ビルアブドで武装集団がモスク(イスラム教礼拝所)を襲撃し、305人が死亡したテロ事件は、過激派組織「イスラム国」(IS)の傘下組織「ISシナイ州」による攻撃の可能性が指摘されている。ISがシナイ半島の拠点化を模索する一方、現場付近に多く住む有力部族でエジプト軍に協力するサワルカ族を狙ったとの見方も出ている。

 事件ではイスラム教の神秘主義(スーフィズム)信者が多数殺害された。武装集団はISの黒い旗を掲げていたとの目撃情報がある。自称スンニ派のISは神秘主義者を「異端」として敵視。今年1月にはインターネット上で「シナイでの神秘主義者の存在を許さない」と攻撃を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 東京で新たに561人の感染確認 2日連続で500人超 新型コロナ

  4. 消えた家畜~技能実習生の闇 <上>「解体して食べた」 周辺住民が夏ごろから気付いていた「獣臭」

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです