メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

IS、シナイ拠点化模索 有力部族標的か

 【カイロ篠田航一】エジプト東部シナイ半島ビルアブドで武装集団がモスク(イスラム教礼拝所)を襲撃し、305人が死亡したテロ事件は、過激派組織「イスラム国」(IS)の傘下組織「ISシナイ州」による攻撃の可能性が指摘されている。ISがシナイ半島の拠点化を模索する一方、現場付近に多く住む有力部族でエジプト軍に協力するサワルカ族を狙ったとの見方も出ている。

 事件ではイスラム教の神秘主義(スーフィズム)信者が多数殺害された。武装集団はISの黒い旗を掲げていたとの目撃情報がある。自称スンニ派のISは神秘主義者を「異端」として敵視。今年1月にはインターネット上で「シナイでの神秘主義者の存在を許さない」と攻撃を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです