メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプトテロ

IS、シナイ拠点化模索 有力部族標的か

 【カイロ篠田航一】エジプト東部シナイ半島ビルアブドで武装集団がモスク(イスラム教礼拝所)を襲撃し、305人が死亡したテロ事件は、過激派組織「イスラム国」(IS)の傘下組織「ISシナイ州」による攻撃の可能性が指摘されている。ISがシナイ半島の拠点化を模索する一方、現場付近に多く住む有力部族でエジプト軍に協力するサワルカ族を狙ったとの見方も出ている。

 事件ではイスラム教の神秘主義(スーフィズム)信者が多数殺害された。武装集団はISの黒い旗を掲げてい…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. プロ野球ドラフト×社会人 日ハム1位指名 JFE西日本・河野竜生投手 「小さな大投手」と期待される174センチ左腕 

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです