メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

独裁の後に

ジンバブエ・ムガベ政権崩壊/中 人種の壁、越えたい

強制収用されたマッカーシーさんの農地は黒人の退役軍人に与えられたが、「意欲も技術もなく荒れ果てた」という=ジンバブエ北部ドマで

 「ここは黒人の土地だ!」。2007年7月、ジンバブエ北部ドマの白人農場主、ロバート・マッカーシーさん(62)の農場をこう叫ぶ数十人の黒人の若者らが襲撃した。マッカーシーさんは殴打され、妻は顔前に自動小銃を突きつけられた。若者らは10日間、自宅を占拠。家財一式を持ち去った。マッカーシーさんの右腕には、この時ナイフで切られた約20センチの傷が残る。翌年9月にも若者らに襲撃された。

 独立(1980年)時に約6000の白人農家が全農地の4~5割を所有していたジンバブエ。ムガベ政権は富の偏在の解消のため、白人から土地を買い上げ黒人に分配する土地改革に着手した。だが、改革が思うようには進まない中、00年から農地の強制収用という強引な策に出た。マッカーシーさんも「政府の土地を不法占拠した」などの罪を着せられ、1100ヘクタールの農地の3分の2を政府に取り上げられた。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです