特集

第79期名人戦

現在棋界最多の3冠を誇る渡辺明名人に挑むのは誰か?第79期名人戦と順位戦を特集します。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 行方尚史八段-渡辺明竜王 第29局の1

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

かっこいい先生

 渡辺明竜王-行方尚史八段戦は、矢倉模様に進んだ。両者のA級での対戦は5回目で、これまで渡辺の4連勝。意外に星が偏っている。

 渡辺が特別対局室に早めに姿を見せた。上座に腰を下ろして違和感を覚えたのか「これ、盤の位置違うんじゃないの?」と記録係に聞く。天井カメラが映る位置に盤がセットされておらず、どうやら記録係は調整をしていなかったらしい。「ちゃんと見えるところに置くんだよ」と苦笑しながら諭す渡辺に、記録係は緊張しきりだった。

 渡辺が[後]6三銀(図)と上がった局面。[後]5四歩を保留しているのが後手の工夫という。実はこの局面、[先]森内俊之九段-[後]藤井聡太四段(NHK杯戦)と同一。この一戦は超新星と永世名人の顔合わせとあってファンの注目が高く、異例の生放送で行われた。おそらく渡辺と行方も意識していただろう。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文840文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集