メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・MyWay

わたしの生き方 型にはまらず自由に 俳優・ピーター(池畑慎之介)さん

=レギュラー出演しているBSフジの情報番組「水前寺清子情報館」のスタジオで、丸山博撮影

 幼少期は幼稚園に行けず、自転車にも乗せてもらえませんでした。父の吉村雄輝は上方発祥の「地唄舞」の人間国宝。稽古(けいこ)優先で厳しい人でした。7歳の時に両親が離婚し、母と鹿児島に。自然の中でやっと子供らしくなりました。勉強ができたら母は鼻が高いだろうと頑張ってラ・サール中に入学したものの、15歳で学校に挫折して家出。東京の踊れるクラブ、ゴーゴーバーで働きました。怖かったけど未知の世界に行く勇気があった。大阪の父の元に戻されると、父は依然厳しく、半年でまた家出して東京へ。何かにガシッとはめられるのはダメなのです。一方で、母は「あんたがその道に行きたいなら、危ないけど頑張ればいい。コケても手を貸さない」と。最初の家出でも「あの子は連絡してきます」と動じない。ダメと言われると反発しますが、信用されると悪いことはできません。

 クラブで「ピーターパンみたいな子がいる」と評判になりました。歌を特訓され「夜と朝のあいだに」をレコーディングして歌手デビュー。小中学生に人気が出て受賞もしましたが、やがてアイドルの殻を脱げずに苦しくなった。自分の意思と関係なく「ピーター」が先に進む。辞めて渡米しました。

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

  3. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  4. 大阪は新たに273人感染、300人下回るのは3週間ぶり 新型コロナ

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです