メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

「白鵬1強」まだ続く

40回目の優勝を果たし、賜杯を手に関係者らと喜ぶ白鵬(前列中央)=徳野仁子撮影

千秋楽(26日・福岡国際センター)

 前日に2場所ぶり40回目の幕内優勝を果たした白鵬は豪栄道を上手投げで退け、14勝1敗で終えた。豪栄道は9勝。途中休場で8勝の高安とともに、大関はそろって2桁勝利に届かなかった。新小結だった阿武咲は勝ち越して、その座を守った。

 三賞は殊勲賞が、序盤で日馬富士と稀勢の里の2横綱を破り、11勝の貴景勝が2場所連続2回目。敢闘賞は安美錦が千秋楽で勝ち越し、新入幕だった2000年名古屋場所以来17年ぶり2回目の受賞。14日目まで優勝争いに加わり、11勝の隠岐の海も4年ぶりに獲得した。技能賞は、持ち前のおっつけからの攻撃相撲が光り、北勝富士が幕内7場所目で三賞を初受賞した。

 九州場所は21年ぶりに15日間、満員御礼となり、年間でも21年ぶりに90日間、大入りとなった。

この記事は有料記事です。

残り3204文字(全文3554文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです