メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

ユニバーサル、5年ぶり女王 終盤の逆転劇

5区でパナソニックの森田詩(右)を抜き去るユニバーサルエンターテインメントの中村=渡部直樹撮影

 ユニバーサルエンターテインメントが5年ぶりに頂点に返り咲いた。26日に宮城県の松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42・195キロのコースで行われた第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は5区で逆転したユニバーサルエンターテインメントが逃げ切って、2時間16分45秒で制した。

 パナソニックがトップと22秒差で、チーム最高に並ぶ2位。3位は終盤に底力を発揮したダイハツ。連覇を…

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2142文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです