メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 ネット読み解く教育を 精神科医、元衆院議員・水島広子さん

 事件を受け、菅義偉官房長官はツイッター規制の可能性に触れたが、これまでネットに対する政府の立場は、検閲か野放しのどちらかだった。情報を読み解くメディアリテラシーを身につける教育が必要だ。ツイッター上で優しい人や威勢のいい人が、現実では全然違うことがあると、しっかり教えた方がいい。

 また「死にたい」などのキーワードから相談窓口につなぐ仕組みを進めるなら、きちんとした相談先の確保が重要になる。死にたくなっている人は自己肯定感が低い状態にあるので、「苦労しているのは君だけではない」と励ますのは逆…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです