メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CONNECT・つなぐ

東京パラリンピック点描・2017秋/上(その2止) 追い続けた健常選手の背中

健常のジュニア選手と一緒に練習に励む前川選手(右)=三重県四日市市の四日市中央緑地陸上競技場で3日、兵藤公治撮影

 

義足で知った走る楽しさ 事故から4年、先駆者に

 津市出身で、昨年9月のリオデジャネイロ・パラリンピック代表の前川楓(まえがわかえで)選手(19)にとって、地元で陸上女子走り幅跳びの第一人者だった井村(旧姓池田)久美子さん(36)の指導を受けられるのは、願ってもない好機だった。

 2013年に現役引退した井村さんは現在、男子棒高跳びの学生王者だった夫俊雄さんが代表の「イムラアスリートアカデミー」(三重県鈴鹿市)で指導している。そこで教えを授かる前川選手は「一つ一つの練習で『どうだった?』と細かく会話ができる。陸上をするのが好きになった」と笑みを浮かべる。

 昨年のリオ大会は100メートル(切断などT42)7位だった一方で、走り幅跳びは4位。短距離か跳躍か。20年東京パラリンピックに向け揺らいでいた中で井村さんの存在を知り、気持ちが走り幅跳びに傾いた。17年が明けると、スマートフォンから長文のメッセージを送った。リオの成績や走り幅跳びの自己記録に添えた言葉は「本気で頑張りたい」だった。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです