メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団対抗女子駅伝

ユニバーサル、5年ぶりV

 ユニバーサルエンターテインメントが5年ぶりに頂点に返り咲いた。26日に宮城県の松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台に至る6区間42.195キロのコースで行われた第37回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は5区で逆転したユニバーサルエンターテインメントが逃げ切って、2時間16分45秒で制した。

 パナソニックがトップと22秒差で、チーム最高に並ぶ2位。3位は終盤に底力を発揮したダイハツ。連覇を…

この記事は有料記事です。

残り3004文字(全文3258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです