長野・松代

鷹匠が伝統の放鷹術披露 真田の鷹狩り再現

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
真田信之が鷹狩りを楽しんだ松代城跡で、豪快に技を披露する鷹匠=長野市松代町で2017年11月26日、川辺和将撮影
真田信之が鷹狩りを楽しんだ松代城跡で、豪快に技を披露する鷹匠=長野市松代町で2017年11月26日、川辺和将撮影

 初代松代藩主、真田信之(1566~1658)が鷹狩(たかが)りを好んだことにちなみ、鷹匠(たかじょう)が伝統的な放鷹(ほうよう)術を披露する実演会が26日、長野市の松代城二の丸広場で開かれた。鷹が翼を広げて飛び立つたび、約300人の観客から歓声が上がった。

 鷹狩りに関する古文書を研究する県短大の二…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

ニュース特集