メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

THAAD

韓国防戦 中国一転圧力 対立封印、見通せず

中韓間の認識の差

 【ソウル米村耕一、大貫智子】在韓米軍の終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備問題を巡り、中国側による韓国政府への圧迫が続いている。韓国側は10月末に両国が関係改善に合意したことでTHAAD問題を「封印」し、12月中旬の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中を機に、停滞する中韓経済関係を回復させたい考えだった。だが最近、この問題を巡る双方の認識のずれが大きいことが表面化。韓国側の思惑通りに行くかどうかは不透明な状況になってきた。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は今月22日に北京で行われた中国の王毅外相との会談で「文大統領…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです