メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

THAAD

韓国防戦 中国一転圧力 対立封印、見通せず

中韓間の認識の差

 【ソウル米村耕一、大貫智子】在韓米軍の終末高高度防衛(THAAD)ミサイル配備問題を巡り、中国側による韓国政府への圧迫が続いている。韓国側は10月末に両国が関係改善に合意したことでTHAAD問題を「封印」し、12月中旬の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の訪中を機に、停滞する中韓経済関係を回復させたい考えだった。だが最近、この問題を巡る双方の認識のずれが大きいことが表面化。韓国側の思惑通りに行くかどうかは不透明な状況になってきた。

 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は今月22日に北京で行われた中国の王毅外相との会談で「文大統領…

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです