メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラ

女子走り幅跳び 五輪経験者と夢へ飛躍

井村さん(左)の指導を受ける前川選手=三重県四日市市で、兵藤公治撮影

 11月初旬。三重県四日市市の陸上競技場では、陸上女子走り幅跳びの2008年北京五輪代表で日本記録保持者の井村(旧姓池田)久美子さん(36)が一人の女子選手を指導していた。右脚に義足を装着する彼女は、前川楓(まえがわ・かえで)選手(19)。7月のパラ陸上世界選手権女子走り幅跳び(切断などT42)で銀メダルを獲得した有望選手だ。

 五輪経験者がパラリンピック選手を本格指導する光景は国内では珍しい。「イケクミ」の愛称で親しまれた元スター選手は「私は黒衣。楓ちゃんが笑顔で跳びはねる姿を見たい」と、20年東京パラリンピックでの前川選手の躍動を夢見る。

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです