メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 またヘンなことを書いて!とデスクに怒られそうだが、常々「大相撲の八百長問題はまた起こる」と思っている。

 相撲は1対1の格闘技である。それが1年に6場所、90日間。過密スケジュールの地方巡業だってある。連日「真剣勝負」をしていたら、けがが絶えない。大けがだったら失業だ。「たまには……」と考えてしまうのは当然ではあるまいか?

 近代スポーツのアマチュア相撲なら「八百長は悪!」と思う。でも、スポーツといっても大相撲は興行。力士…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文893文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです