メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サケ・ディプロマ

日本酒・焼酎資格試験、酒蔵の女性3人合格 今年新設、ソムリエの手法で評価 /栃木

サケ・ディプロマに合格した(右から)相良沙奈恵さん、松井真知子さん、高橋友里さん=宇都宮市本町の県酒蔵組合で

 日本ソムリエ協会(田崎真也会長)が今年開設した日本酒・焼酎を対象にした資格試験「サケ・ディプロマ」に、県内の酒蔵で働く女性3人が合格した。サケ・ディプロマは、日本酒の知識を深めて、日本の食文化と普及を進めることを目的に創設され、今後は海外での試験も計画されている。3人は「日本酒という伝統文化を守り、県内外に広めていきたい」と話している。

 合格したのは、「松の寿」で知られる松井酒造店(塩谷町船生)の松井真知子さん(44)、「朝日栄」を醸造する相良酒造(栃木市岩舟町静)の相良沙奈恵さん(28)、「鳳凰美田」の小林酒造(小山市卒島)の高橋友里さん(25)。松井さんは今春、田崎会長の講演でディプロマの存在を知り、知人の相良さんを誘って受験した。筆記試験と、テイスティング、論述試験を経て、10月に合格通知を受け取ったという。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです