秩父麦酒

お披露目 市内などで販売 /埼玉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
秩父麦酒のデビューを祝い、乾杯する醸造者の丹広大さん(左)とビール店オーナーの坪内純二さん=同市番場町のクラフトビール店「まほろバル」で
秩父麦酒のデビューを祝い、乾杯する醸造者の丹広大さん(左)とビール店オーナーの坪内純二さん=同市番場町のクラフトビール店「まほろバル」で

 小規模の醸造量ながら多様な味と香りを楽しめるクラフトビール「秩父麦酒(ビール)」が秩父市に誕生し、25日、同市番場町のクラフトビール店「まほろバル」で披露された。

 醸造したのは同市下吉田の丹広大(こうだい)さん(38)。丹さんは2年前、市内で日本酒を醸造する「タイセー秩父菊水酒造」から釜やタンクなどビール用設備一式を購入。ホップ栽培を横瀬町…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

ニュース特集