プロ野球

楽天4位指名・渡辺投手、古里・富士吉田市を表敬 唯一の県出身プロ /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロでの活躍を誓い、堀内茂市長と握手する渡辺佑樹投手=富士吉田市役所で
プロでの活躍を誓い、堀内茂市長と握手する渡辺佑樹投手=富士吉田市役所で

「山梨を代表し頑張る」

 今年のプロ野球ドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから4位で指名され、入団が決まった富士吉田市出身の渡辺佑樹投手(22)が27日、富士吉田市を表敬訪問した。巨人で活躍した松本哲也選手(山梨市出身)が今季限りで引退し、県出身のプロ野球選手は渡辺投手1人。「山梨を代表して、いい報告ができるよう頑張ります」とプロ1年目の抱負を述べた。

 渡辺投手は市立下吉田東小2年の時に地元の富士見町少年野球チームでプレーを始め、市立下吉田中から富士学苑高校に進み、2年春からエースナンバーを背負った。横浜商科大学でもエースとして活躍した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文468文字)

あわせて読みたい

注目の特集