メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐久全国臨書展

3336点を展示 /長野

全国臨書展会場で作品の解説をする審査員=佐久市立近代美術館で

 佐久市出身の書家、比田井天来と妻・小琴(しょうきん)にちなむ臨書の公募展「第6回比田井天来・小琴顕彰 佐久全国臨書展」(市と市教育委員会主催)が、佐久市猿久保の市立近代美術館で開かれている。12月10日まで。

 今回は全国から、一般の漢字とかな、高校生、中学生、小学生の4部に計3617点の応募があり…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]