メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地方出版文化功労賞

「ふなずしの歴史」奨励賞 琵琶博学芸員・橋本さん /滋賀

「ブックインとっとり・第30回地方出版文化功労賞」の授賞式で笑顔を見せる橋本道範さん(左)とサンライズ出版の岩根治美・専務取締役=鳥取市内で、城島徹撮影

 県立琵琶湖博物館専門学芸員の橋本道範さん(52)の編著書「再考 ふなずしの歴史」(サンライズ出版)が「ブックインとっとり・第30回地方出版文化功労賞」の奨励賞に選ばれた。橋本さんは鳥取市で先月開かれた授賞式で「ふなずしの多様性を解明するなど、今後も博物館の研究成果を世界に発信していきたい」と喜びを語った。

 地方出版文化功労賞は地方での出版活動を奨励する取り組みで、鳥取県内と東京23区を除く地方の出版社が発行した本から、優れたものを一般投票や審査委員による審査で毎年選んでいる。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです