メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/50 亡命北朝鮮兵と寄生虫 栄養も衛生も劣悪 /大阪

厳寒の中、堆肥づくりに動員された女性たち=北朝鮮中部地域で2015年1月、キム・ドンチョル氏撮影

 11月13日に、南北朝鮮の軍事境界線にある共同警備区域(JSA)から韓国側に逃げようとして撃たれた北朝鮮兵士。生死のふちをさまよいながら受けた手術の過程で、B型肝炎や結核などの感染症を患っていたこと、そして体内に大量の寄生虫がいたことが明らかになった。JSAに勤務するエリート兵であったにもかかわらず、栄養と衛生状態が相当に劣悪だったわけだ。

 日本でもかつては寄生虫を持っているのは珍しいことではなかった。55歳の私は大阪の都市部で育ったが、小学校の頃に蟯虫(ぎょうちゅう)が検査で見つかってがっくりしたことを覚えている。私より上の世代では寄生虫がいるのはごく普通のことだった。だが、虫下し(駆虫剤)の普及と衛生管理が進んで劇的に改善し、今では聞くことも少なくなった。

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに429人感染 2日連続で400人超 新型コロナ

  2. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  3. ORICON NEWS 石橋貴明、帝京高校9年ぶり優勝を祝福「みんなの心には永遠に負けない魂がある!」

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. コロナ患者また無断帰宅 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです