メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戊辰戦争

「150年の思い」講演 会津藩校日新館・宗像館長 松陰神社 /山口

 福島県会津若松市の会津藩校日新館の宗像精(ただし)館長(84)が26日、萩市の松陰神社で「戊辰150年の会津人の思い」と題して講演した。戊辰戦争の戦後処理で、会津人の長州に対する感情的な溝が一部で今も続いており、「『150年たったから仲直りを』は、歴史の事実をご破算にするもの。真相をちゃんと残し、交流を深める方が結びつきは高くなる」と思いを語った。

 約150人を前に、宗像館長は、会津藩の家訓15カ条で徳川幕府に忠誠を誓い京都守護職を受けた経緯や、戊辰戦争で新政府軍が「会津の人たちの遺体の埋葬を許さず放置した」という定説が長州とのわだかまりの原因とされていることを紹介。しかし「埋葬した」とする定説を覆す史料も見つかっていることも伝えた。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです