メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

「ロヒンギャ」解決促す ミャンマー入り

空港で、地元の子供たちから歓迎を受けるフランシスコ・ローマ法王=ヤンゴンで2017年11月27日、ロイター

 【パリ賀有勇】フランシスコ・ローマ法王が27日、ミャンマーの最大都市ヤンゴンに到着した。歴代法王として初のミャンマー訪問。30日から12月2日までは隣国バングラデシュを訪れる。仏教徒が多数を占めるミャンマーから、イスラム教徒「ロヒンギャ」がバングラに難民として逃れている問題について、宗教や民族間の対立解消を促す狙いがあるとみられる。

 法王は2013年3月の就任以来、紛争が続くパレスチナ自治区とイスラエル、半世紀以上にわたった政府と…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです