メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

商工中金の「危機対応融資」不正 信頼回復へ制度立て直せ=小原擁(東京経済部)

記者会見の冒頭、不正融資問題を謝罪する商工中金の安達健祐社長=東京都中央区で10月25日、宮間俊樹撮影

小原擁(まもる)

 商工中金は10月、国の低利融資制度「危機対応業務」で計4802件に上る不正融資をしていたと発表し、経済産業省出身の安達健祐社長が辞任を表明した。災害などの危機に直面した中小企業を支援するための融資はこれからも必要な制度だ。だが、組織ぐるみの不正の根深さを目の当たりにして、商工中金に任せるのはもう無理だと実感した。政府は制度の抜本的な立て直しを図り、信頼を取り戻す努力をすべきだ。

 危機対応融資は、世界的な金融危機や震災など政府が認定した「危機」によって経営が急激に悪化した中小企…

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2017文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです