メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

「我々はロヒンギャ」 発行身分証、国籍ミャンマーに 難民キャンプ、拒否相次ぐ

作ったばかりの身分証を手に「ロヒンギャと書かれていない」と憤るサイード・ホセインさん=コックスバザールで2017年10月2日午前9時18分、金子淳撮影

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民が流入したバングラデシュで、バングラ政府が発行する難民用の身分証の作成を拒否する難民が相次いでいる。身分証に「ロヒンギャ」と明示されておらず、国籍欄に「ミャンマー」と書かれているためだ。複雑な民族感情が支援や難民の全容把握を困難にしている実態がある。

 「我々はロヒンギャとして認めてもらいたい。ロヒンギャと書かれていない身分証なら取りたくない」。8月末からバングラ南東部コックスバザールの難民キャンプで暮らすソユト・アロムさん(43)は声を荒らげた。キャンプ外では身分証がないと軍や警察に呼び止められることがあるが、「キャンプにいれば問題ない」と話す。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです