連載

わたしは思う

神奈川県座間市で9人の遺体が発見された事件は、被害者全員の身元が特定された。さまざまな立場の人に事件をどう見るか語ってもらう。

連載一覧

わたしは思う

座間殺害事件 弱音吐きづらい社会 NPO法人自殺対策支援センターライフリンク代表・清水康之さん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 今回の事件を通じ、若者を取り巻く現状に目を向けてほしい。過去10年の統計では、日本の29歳以下の若者は1日平均で約10人が自殺している。近年、15~34歳の死因の1位が「自殺」という国は、主要先進7カ国で日本だけだ。

 多くの若者は自己肯定感が低く、社会に期待を失っている。国の昨年の調査でも「過去1年以内に本気で自殺を考えたことがある」と回答した割合が最も高かったのは20代だった。今回の事件の被害者は例外的な存在ではなく、氷山の一角だ。

 過度な競争を強いられ、逃げ出さず頑張り抜くことが良しとされる社会では、弱音が吐きづらい。今回の事件では、被害者が容疑者ではなく、共感してくれる支援者や相談先につながっていたのなら、被害に遭わずに済んだはずだ。

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文587文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集