札幌五輪

招致決めた演説テープ 元IOC委員の訴え きょうから慶大で再生

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
札幌五輪招致に貢献した、高石真五郎のスピーチを録音した=札幌オリンピックミュージアム提供
札幌五輪招致に貢献した、高石真五郎のスピーチを録音した=札幌オリンピックミュージアム提供

 国際オリンピック委員会(IOC)の委員だった高石真五郎(1878~1967年)が札幌五輪(72年)招致のため行った演説の音源が見つかり、28日から慶応大三田キャンパス(東京都港区)でデジタル化した音声が再生される。12月13日まで。

 高石は同大学卒業後、大阪毎日新聞に入社。ロンドン特派員や外信部長、主筆などを経て社長も務めた。国際人脈を生かしてIOC委員としても活躍。66年4月、ローマで開かれたIOC総会は87歳と高齢で、病気療養…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文547文字)

あわせて読みたい

ニュース特集