メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
自民党

教育無償化明記せず…改憲本部が条文案たたき台

自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田博之本部長(左から2人目)=東京都千代田区の同党本部で2017年11月28日午前8時1分、手塚耕一郎撮影

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は28日午前、党本部で全体会合を開き、衆院選の公約で改憲項目に挙げた教育無償化をテーマに議論した。執行部は、教育の機会確保に関し国の努力義務を憲法に盛り込む一方、「無償」との文言は明記しないたたき台の案を提示した。出席者から異論は出ず、条文案作成に向け議論を続ける方向となった。

 現行憲法は26条の1項で教育を受ける権利、2項で教育を受けさせる義務と義務教育を無償とすることを定…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. ORICON NEWS ASKA脱退 Chage「とても残念な思い」コメント発表[全文]

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. 炎上事故2人死亡 衝突した車運転の男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼

  5. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです