メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

事故

ガス管落下し下敷き、作業員3人死傷 群馬・伊勢崎

 27日正午ごろ、群馬県伊勢崎市今泉町1の市道のガス管埋設工事現場で、台車に載せていたガス管(直径17センチ、長さ45メートル、重さ900キロ)が掘削した溝(深さ約1.2メートル)に落下し、作業員ら3人が下敷きになった。設備工事会社社員、南都誠さん(52)=埼玉県三郷市高州3=が出血性ショックで死亡し、工事請負会社の男性作業員(43)が骨盤を折る重傷、もう1人の男性作業員(55)もあばら骨に軽傷を負った。

     県警伊勢崎署によると、作業員5人が埋設溝脇までガス管を運んだところ、バランスを崩して台車ごと転落。溝の反対側に立っていた南都さんが止めようとして巻き込まれた。【高橋努】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大砂嵐事故 本人は否定 運転は妊娠中の妻と主張
    2. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉
    3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
    4. 卓球 伊藤、みうみま対決制す 第1ゲーム6連続得点
    5. 障害者解雇 「しあわせの庭」破産2カ月 続く波紋

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]