メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海本線・浜寺公園

明治の駅舎が動いた 曳家工事始まる

曳家工事が始まった南海本線・浜寺公園駅の旧駅舎=堺市西区で2017年11月28日午前10時18分、川平愛撮影

 1907(明治40)年に建てられた国の登録有形文化財、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎(堺市西区)をそのままの形で南西へ約30メートル移動する曳家(ひきや)工事が28日始まった。移設先でギャラリーやカフェなどとして使われ、南海本線の高架化後は新駅舎(2028年ごろ完成予定)のエントランスとして活用される。

 旧駅舎は木造平屋の洋風建築。東京駅や大阪市中央公会堂を手がけた建築家、辰野金吾の事務所が設計した。高架化工事のため昨年1月に営業を終了し、仮駅舎にバトンタッチしていた。

 曳家は古民家の移築などに用いられる工法で、03年には旧首相官邸(現公邸)でも実施された。事前に建物を基礎から切り離してジャッキで持ち上げ、この日は、レールの上に並べた複数の鉄棒「ころ」の上に計約130トンの旧駅舎を載せ、後ろから押した。

 移動は1日約10メートル。来月1日と18日の3回に分けて移動させる予定。【根本毅】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです