メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海本線・浜寺公園

明治の駅舎が動いた 曳家工事始まる

曳家工事が始まった南海本線・浜寺公園駅の旧駅舎=堺市西区で2017年11月28日午前10時18分、川平愛撮影

 1907(明治40)年に建てられた国の登録有形文化財、南海本線・浜寺公園駅旧駅舎(堺市西区)をそのままの形で南西へ約30メートル移動する曳家(ひきや)工事が28日始まった。移設先でギャラリーやカフェなどとして使われ、南海本線の高架化後は新駅舎(2028年ごろ完成予定)のエントランスとして活用される。

 旧駅舎は木造平屋の洋風建築。東京駅や大阪市中央公会堂を手がけた建築家、辰野金吾の事務所が設計した。高架化工事のため昨年1月に営業を終了し、仮駅舎にバトンタッチしていた。

 曳家は古民家の移築などに用いられる工法で、03年には旧首相官邸(現公邸)でも実施された。事前に建物を基礎から切り離してジャッキで持ち上げ、この日は、レールの上に並べた複数の鉄棒「ころ」の上に計約130トンの旧駅舎を載せ、後ろから押した。

 移動は1日約10メートル。来月1日と18日の3回に分けて移動させる予定。【根本毅】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. デジタルアート 異次元の世界を散策 お台場に専門美術館
  3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  4. つくば市 ロボットで職員作業8割減 9月にも本格導入
  5. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]