メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シェア自転車

中国で大手破綻 保証金トラブル続出

破綻したブルー・ゴー・ゴーのシェア自転車。隣はモバイク、その奥がofo=北京市内で、赤間清広撮影

 【北京・赤間清広】中国で急速に普及したシェア自転車が転換期を迎えている。大手の小藍単車(ブルー・ゴー・ゴー)が経営破綻したほか、退会時に返ってくるはずの保証金が返金されないトラブルも続出している。過当競争で値下げ合戦が過熱し、業界の淘汰(とうた)が始まった格好だ。

 「私の保証金を返して」「会社に電話したけどつながらない」。ブルー・ゴー・ゴーの破綻が明らかになった今月中旬以降、中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)は利用者の悲鳴で埋め尽くされた。

 中国で本格的にシェア自転車のサービスが始まったのは2016年。わずか2年弱で70を超える運営会社が…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1295文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]