メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

ロヒンギャ難民、身分証の拒否相次ぐ

作ったばかりの身分証を手に「ロヒンギャと書かれていない」と憤るサイード・ホセインさん=コックスバザールで2017年10月2日午前9時18分、金子淳撮影

 【コックスバザール(バングラデシュ南東部)で金子淳】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民が流入したバングラデシュで、バングラ政府が発行する難民用の身分証の作成を拒否する難民が相次いでいる。身分証に「ロヒンギャ」と明示されておらず、国籍欄に「ミャンマー」と書かれているためだ。複雑な民族感情が支援や難民の全容把握を困難にしている実態がある。

     「我々はロヒンギャとして認めてもらいたい。ロヒンギャと書かれていない身分証なら取りたくない」。8月末からバングラ南東部コックスバザールの難民キャンプで暮らすソユト・アロムさん(43)は声を荒らげた。キャンプ外では身分証がないと軍や警察に呼び止められることがあるが、「キャンプにいれば問題ない」と話す。

    難民キャンプに設けられた登録所で、身分証を作るため写真撮影するロヒンギャの少年=2017年10月2日午前9時1分、金子淳撮影

     国連関係者などによると、身分証の発行は9月、バングラ政府が「治安上の理由」から始めた。難民キャンプの登録所で名前などを申告し、顔写真、両手の指紋などを登録すると、その場でカードがもらえる仕組みだ。正式名称は「ミャンマー国民の登録証」で、身分証に「ロヒンギャ」の単語はない。

     ロヒンギャはミャンマーでは「ベンガル人」と呼ばれ、国籍も与えられておらず、民族としても認められていない。バングラ政府はこうしたミャンマー側の事情に配慮し、ロヒンギャという呼称を避けているとみられる。

     だが、「ミャンマーでは国籍がないのに、バングラで『ミャンマー人』になるのはおかしい」と反発する難民も少なくない。軍人に連れられて身分証を「作らされた」というサイード・ホセインさん(70)は、カードを手に「なぜロヒンギャと書いていないのか。私はミャンマー人ではない」と憤った。

     コックスバザールでは現在も難民流入が続いており、現在は身分証なしでも食料支援などを受け取れる。だが、両政府は23日にロヒンギャの帰還にむけた覚書に署名し、今後は住人の特定などに向けた作業に入る。国連関係者は「将来的には身分証が必要になる可能性がある。政治的意見を持つのは自由だが、難民は登録してほしい」と話している。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
    4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]