メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バングラデシュ

ロヒンギャ難民、身分証の拒否相次ぐ

作ったばかりの身分証を手に「ロヒンギャと書かれていない」と憤るサイード・ホセインさん=コックスバザールで2017年10月2日午前9時18分、金子淳撮影

 【コックスバザール(バングラデシュ南東部)で金子淳】ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の難民が流入したバングラデシュで、バングラ政府が発行する難民用の身分証の作成を拒否する難民が相次いでいる。身分証に「ロヒンギャ」と明示されておらず、国籍欄に「ミャンマー」と書かれているためだ。複雑な民族感情が支援や難民の全容把握を困難にしている実態がある。

 「我々はロヒンギャとして認めてもらいたい。ロヒンギャと書かれていない身分証なら取りたくない」。8月…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  2. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  3. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. JR東海が23年ぶり新型特急車両 初のハイブリッド方式、120キロで営業運転へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです