豊橋市民病院

医療ミスで914万円支払いへ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県の豊橋市民病院は27日、狭心症の男性患者(当時65歳)を2011年12月に手術した際に、医療器具の一部であるワイヤ(直径0.36ミリ)を誤って切断し、先端約5センチを冠動脈内に残すミスを犯し、男性が転院先で4日後に急性心筋梗塞(こうそく)のため死亡したと発表した。病院は、ミスが死亡につながった可能性があるとして、遺族2人に損害賠償金計約914…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集