メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
長期記憶

必要なたんぱく質分子を特定 愛知の研究チーム

 自然科学研究機構基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームは、脳内で長期的な記憶を形成するために欠かせないたんぱく質の分子を特定したと発表した。英オンライン科学誌「eLife」に掲載された。

 椎名伸之准教授(神経細胞生物学)らは、脳内の記憶中枢(大脳・海馬)にある、たんぱく質の分子「RNG105」に着目。遺伝子操作でこれを欠損させたマウスと通常のマウスを計32匹用意。半分が暗く半分が明るい箱にマウスを入れて暗所で電気ショックを与え、恐怖心を覚えさせた。間をおいて箱へ戻し、習性で好む暗い所にいる時間…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです