メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『珈琲(コーヒー)の世界史』旦部幸博・著

淹れ方にこだわるのは、ものづくりの国ならでは

◆『珈琲(コーヒー)の世界史』旦部幸博・著(講談社現代新書/税別800円)

 「生豆を乾煎(からい)りに」してから細かく砕き「その中の成分をお湯(または水)に溶かし出し」た飲みもの、つまりコーヒーが広く深く愛飲された風景は、昔々の中東にあった。手回し式の焙煎機やミルなどの道具も考案され、コーヒー専門店がオープンする。ヨーロッパでも飲まれるようになるのは、その後。

 みんなで飲む場として、紅茶が広まる前のイギリスではコーヒーハウスが流行(はや)り、フランスではカフ…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文948文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
  3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
  4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]