北朝鮮

ICBM発射 米全土射程、推定1.3万キロ 青森沖に落下 新型「火星15成功」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮ミサイルの射程
北朝鮮ミサイルの射程

 北朝鮮は日本時間29日午前3時18分ごろ、西岸の平城(ピョンソン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。日本政府によると、ミサイルは約53分間にわたり約1000キロ飛び、午前4時11分ごろ、青森県の西方約250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下。4000キロを大きく超える高度に達した。同日午後0時半から朝鮮中央テレビは「重大報道」を放送し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射に「成功した」と発表した。

 朝鮮中央テレビは「新しく開発した火星15は、火星14より技術的にはるかに優れている。米国の本土全域を打撃できる最大型の重量級核弾頭の装着が可能だ」と説明した。ミサイルは高度4475キロ、飛距離は950キロと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り686文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

注目の特集