連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

滞日27年、詩人アーサー・ビナード氏の「直感」 「日本語は消滅に向かっている」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
インタビューに答えるアーサー・ビナードさん=東京都江東区で2017年11月17日、和田大典撮影
インタビューに答えるアーサー・ビナードさん=東京都江東区で2017年11月17日、和田大典撮影

英語優位の愚民政策 知らずにだまされ チチンプイプイ

 先日、トランプ米大統領が来日した。日本人以上に日本語と格闘してきた米国詩人、アーサー・ビナードさん(50)は何を感じたのか。滞日27年の経験から、今はっきりこう言える。「日本人は間違いなく変わってきた。僕の目から見れば悪い方へ」。どんなふうに?【藤原章生】

 広島市の自宅からちょくちょく上京するが、東京都内は自転車で回る。自宅の留守番電話に取材依頼の伝言を残すと、しばらくして公衆電話から応答があった。「今、東京を自転車で移動中なんです」。携帯電話を持ったことがない。不便では?と聞くと、「僕なりの抵抗、拒否運動なんです。米国人もそうだけど、日本人は生まれた時から広告を浴びせられている。昨日久しぶりに電車に乗ったら、気持ち悪くて。今は中(なか)づりだけで…

この記事は有料記事です。

残り2511文字(全文2866文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集