メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つむぐつなぐ

文学座80周年/11 女優・本山可久子 杉村の教え、若い人に

自らの演劇人生について語る本山可久子=東京都新宿区で2017年11月15日午後4時51分、藤井太郎撮影

 <実験の場であり、数多くの名舞台を生んできた文学座アトリエ。本山可久子は、そのアトリエ完成と同じ1950年、付属演劇研究所に入った>

 高校を中退して、17歳でした。反抗期で、俳句をやっていた母(鈴木真砂女)が久保田万太郎先生の句会で娘を預かってくれませんかって言ったんじゃないかしら。学校から帰ってくると「明日、文学座の試験があるから受けてきなさい」と言われて、千葉の鴨川から一番列車に乗って試験を受けました。

 <同期には北村和夫、小池朝雄、仲谷昇らがいた>

この記事は有料記事です。

残り981文字(全文1211文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. なぜ検察は現金受け取り側を立件しないのか 河井夫妻起訴を可能にした「取引」と執念

  5. 「金まみれの選挙」に混乱続く広島県政界 辞めない受領側議員の言い訳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです