メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

教育無償化の理念がない=与良正男

 「期待外れで失望した」の一言で済まされがちな旧民主党政権だが、「子どもは社会全体で育てる」という理念を打ち出した点は、今も評価していいと私は思っている。

 目玉公約の「0歳から中学卒業まで1人月2万6000円」を一律給付する当初の子ども手当案は、財源不足などから瞬く間に頓挫した。

 しかし貧困層が急速に拡大しているにもかかわらず、「子育ては家族が行う」、つまり「共助」より「自助」の意識が強かった日本社会に風穴を開けようとしたのは確かだ。

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文893文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです