メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャレンジドカップ

京丹後・四つ葉ベーカリーの3人、目指せドーナツ日本一 来月、障害者の大会へ /京都

チャレンジドカップ決勝大会に出場する(左から)真柴啓一さん、田中清政さん、林弘之さん=京都府京丹後市網野町で、塩田敏夫撮影

抹茶と小豆…和風で勝負

 京丹後市のあみの福祉会・四つ葉ベーカリーのチームが「第8回チャレンジドカップ決勝大会」(12月9日、横浜市)に出場する。障害者によるパン・焼き菓子の日本一を決める大会で、パン部門で「宇治抹茶と丹波大納言小豆のドーナツ」を作る。香り高い“和風ドーナツ”で、チームは「グランプリを目指します」と張り切っている。【塩田敏夫】

 焼き菓子大会は2年に一度開かれ、今年は47チームの応募があった。1、2次審査を突破したパン、焼き菓…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文516文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]