メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー教室

若手プロの姿、励みに ガンバ選手ら、浪速少年院で /大阪

少年たちにリフティングの指導をするガンバ大阪の食野選手(左)=大阪府茨木市の浪速少年院で、加藤佑輔撮影

 茨木市などをホームタウンとするサッカーJ1・ガンバ大阪のU-23(23歳以下)チームが28日、茨木市の浪速少年院でサッカー教室を開いた。選手ら4人が、矯正教育を受けながら更生を目指す16~20歳の少年約70人と触れ合った。サッカー教室は、少年たちに目標に向かって努力することの大切さなどを学んでもらうことを目的に2009年から毎年開催している。

 参加したのは、いずれもMFの高江麗央選手(19)、食野(めしの)亮太郎選手(19)と、元サッカー日…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです