メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

植村牧場(奈良市) 県内最古、レストランも併設 良質な牛乳、届けたい /奈良

明治時代から変わらない牛舎で、牛にエサを与える植村牧場の黒瀬礼子代表=奈良市般若寺町で、中津成美撮影

 近鉄奈良駅から北東へ約2キロの住宅地。コスモスで有名な般若寺の向かいに、県内で最も古い牧場「植村牧場」(敷地約6600平方メートル)がある。牧場を訪れると、4代目の黒瀬礼子代表(66)が快く案内してくれた。【中津成美】

 牧場の入り口から正面に、明治期に建てられた木造牛舎が見える。今でも現役の牛舎で、中に入ると通路を挟んで両側にホルスタインなどの乳牛約30頭が並ぶ。エサの時間帯だったが、カメラを向けると興味深そうにこちらに顔を向けた。

 創業は1883(明治16)年ごろ。黒瀬さんの曽祖父・植村武治郎さんが、医師から滋養強壮に牛乳を飲む…

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです