メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
鳴門教大・四国大

生き残り懸け連携 公認心理師養成など /徳島

記者会見する(左から)四国大の松重和美学長と鳴門教育大の山下一夫学長=徳島県庁で、松山文音撮影

 鳴門教育大(鳴門市)と四国大(徳島市)は28日、人材育成や消費者教育などで交流を深める連携協力協議会を設置したと発表した。連携を強め、2018年に初めて国家試験が実施される「公認心理師」や、消費生活相談員の養成を目指す。【松山文音】

 公認心理師は、心理職として初めての国家資格で、スクールカウンセラーなど幅広い分野での活躍が期待されている。受験するには所定の25科目を学ぶことができる公認心理師養成大学を卒業し、その後2年間病院などで心理関係の仕事に就くか、公認心理師養成大学院…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです