メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴門教大・四国大

生き残り懸け連携 公認心理師養成など /徳島

記者会見する(左から)四国大の松重和美学長と鳴門教育大の山下一夫学長=徳島県庁で、松山文音撮影

 鳴門教育大(鳴門市)と四国大(徳島市)は28日、人材育成や消費者教育などで交流を深める連携協力協議会を設置したと発表した。連携を強め、2018年に初めて国家試験が実施される「公認心理師」や、消費生活相談員の養成を目指す。【松山文音】

 公認心理師は、心理職として初めての国家資格で、スクールカウンセラーなど幅広い分野での活躍が期待されている。受験するには所定の25科目を学ぶことができる公認心理師養成大学を卒業し、その後2年間病院などで心理関係の仕事に就くか、公認心理師養成大学院…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです