連載

水説

古賀攻専門編集委員の政治を中心としたコラム。

連載一覧

水説

「否定と肯定」に学ぶ=中村秀明

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 <sui-setsu>

 「ヒトラーはユダヤ人の大量虐殺を命じていない」「ホロコーストはなかった」

 そう主張する歴史家に、自らの著書で反論した歴史学者が名誉毀損(きそん)で訴えられる。争いようのないはずの事実が、審理にかけられた裁判が2000年のロンドンで繰り広げられた。

 来週末から公開される映画「否定と肯定」はこの事実に基づいている。訴えられたデボラ・リップシュタットさんが最近来日した。彼女は「こんなに今日的な意味を持つ作品になるとは思ってもいなかった」と切り出した。

 映画化が持ち上がったのは09年だった。当時は「フェイク(偽の)ニュース」という言葉もトランプ現象もなかった。自分の立場に好都合だったり、自らの思いや願望に沿っていたりすれば、虚偽でも不確かでも、その情報を受け入れるといった風潮は想像すらできない時期だ。

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文973文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集