メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

金融保護局、異例の「トップ2人」 トランプ氏、閣僚送り込み

 【ワシントン清水憲司】オバマ前政権が金融危機後に発足させた米消費者金融保護局(CFPB)に、2人の「トップ」が併存する異常事態になっている。前任の局長が「局長代理」として野党民主党系の人物を指名したのに対し、トランプ大統領は閣僚の一人を送り込んだためだ。27日に2人はそれぞれ登庁し、職員に自らの指示に従うよう呼びかけた。

 コードレイ前局長は24日付で辞任した際、同局幹部のイングリッシュ氏を局長代理に指名した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文619文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです