特集

第79期名人戦

現在棋界最多の3冠を誇る渡辺明名人に挑むのは誰か?第79期名人戦と順位戦を特集します。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 行方尚史八段-渡辺明竜王 第29局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

両にらみの[後]6五飛

 行方は予定変更で[先]7九角と引いた。「これでは何をやっているのかわからない」と内心は気が沈んでいた。

 渡辺の鋭いセンサーが「好機」と反応した。全ての変化を読み切らんばかりの集中力で、深く読みを掘り下げた。1時間24分後、渡辺は満を持して[後]8五桂と跳ねた。もう局面は収まらない。

 6筋で激しく駒がぶつかる中、渡辺の放った[後]3九銀(途中図)が細い攻めをつなげる好手だ。(1)[先]2六飛は[後]4八銀成[先]4六角[後]6七飛成[先]同金[後]6六歩[先]同金[後]4七成銀[先]5五角[後]5七銀で寄り筋。(2)[先]3八飛は[後]6五飛が縦と横の攻めを見た「両にらみ」(渡辺)の一手。以下[先]3九飛は[後]6六歩[先]7六銀[後]2五飛で飛車の進入が受からない。[先]5…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文772文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集