大相撲

日馬富士暴行問題 暴力再発防止、理事長が講話

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本相撲協会の八角理事長(元横綱・北勝海)は28日、福岡市内で十両以上の関取約60人を対象に講話し、「暴力問題を二度と起こさないこと」と訴えた。日馬富士関と貴ノ岩関は欠席した。

 講話は「暴力問題の再発防止について」がテーマで約20分間、開かれた。八角理事長は「国技と言われている相撲、文化を背負っている…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

あわせて読みたい

注目の特集