メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

弾道ミサイルを発射 高度「過去最も高く」

北朝鮮のミサイル発射情報を受け、記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2017年11月29日午前4時2分、小出洋平撮影

 政府は29日、北朝鮮が午前3時18分頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイルを発射し、約53分間にわたって約1000キロ飛翔した後、午前4時11分ごろに青森県西方約250キロの地点の日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したと発表した。小野寺五典防衛相は記者団に「高度は4000キロをはるかに超え、おそらく過去最も高い距離まで弾道ミサイルを打ち上げた。かなりの能力を持った大陸間弾道ミサイル(ICBM)と考えられる」と語った。

 政府は発射を受け、菅義偉官房長官、河野太郎外相、小野寺氏が首相官邸で情報収集に当たった。高角度に撃ち上げ、飛距離を抑えるロフテッド軌道とみている。小野寺氏は「多弾頭の可能性もあり、しっかり分析したい。いまのところ対外的には1発と判断している」と語った。北朝鮮による弾道ミサイルの発射は北海道・襟裳岬の東約2200キロの太平洋に着水した9月15日以来。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 失業手当支給、60日延長へ 厚労省が新型コロナ対策で特例措置

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです