北朝鮮

ミサイル発射 首相「暴挙、断じて容認できない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮がミサイルを発射したことを受け、記者の取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2017年11月29日午前5時55分、後藤由耶撮影
北朝鮮がミサイルを発射したことを受け、記者の取材に応じる安倍晋三首相=首相官邸で2017年11月29日午前5時55分、後藤由耶撮影

国連安保理緊急会合を要請へ

 安倍晋三首相は29日午前6時ごろ、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け「政府はミサイルの動きを完全に把握し、危機管理に万全の体制を取った。(北朝鮮が)国際社会の一致した平和的解決への強い意思を踏みにじり、暴挙を行ったことは断じて容認できない」と述べ、北朝鮮への圧力強化に向け…

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文356文字)

あわせて読みたい

注目の特集