メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手県

図柄入りナンバープレート デザイン案決定

国へ提案する岩手ナンバーのデザイン=岩手県提供

 岩手県は28日、自動車の「岩手ナンバー」と「盛岡ナンバー」に導入する図柄入りナンバープレートのデザイン案を発表した。国土交通省に提案後、審査を経て来年7月ごろに決定し、同10月ごろに交付が始まる予定だ。

 公募作品94点の中から、学識経験者らでつくる選定委員会が10点を選出。今月1~15日にインターネットなどで実施した「県民投票」(3201票)の結果、岩手、盛岡各ナンバー用の1点が選ばれた。

 岩手ナンバーのデザイン案は盛岡市のグラフィックデザイナー、高橋香理さんの作品。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」がモチーフで、白を基調に、星空の下を列車が走り抜けている。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです